スポンサードリンク
   


コンタクトを作るとき眼科で保険証はいる?


コンタクトレンズ診療には眼科健康保険証を提示しましょう。    
保険証は必要です病院

保険証なしで見てもらうことは可能ですが、
その代わり医療費が全額負担になって高くなります。
忘れた場合など1ヶ月以内に保険証を持っていったら
差額を返金してもらえます。

すべての眼科医が、コンタクトレンズの処方をしているわけではないので、
コンタクトレンズの処方をしている眼科医のところにいきましょう。


クーポンがあったので、そこの眼科.jpg
コンタクト店を回りましたが、
眼科が併設されており、保険証が必要でした。

コンタクトは高度医療器具扱いなので必ず
眼科で検査を受けないと購入できません。

コンタクトレンズ処方からその後の定期検診まで
コンタクトレンズにともなう眼の健康の責任は
眼科医にあります。
そのためコンタクトレンズは医療用具と定められています。

コンタクトレンズの処方、再処方、
定期検査は医療行為なので、
眼科医の診察と処方が必要になります。
眼科で健康保険証を提示しましょう。 

コンタクトレンズ処方時や定期検査時に
眼科医または眼科医の指示、
指導管理のもとに行われる検査があります。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトに普通の目薬を使ってもいい?


コンタクト普通の目薬を使ってもいいのでしょうか?

コンタクトレンズをしていて
目の乾燥・かゆみなどから目薬をしたくなるときがありますが、
眼科医に診察してもらって、専用の目薬を使用するようにしましょう。
普通の目薬には、色々な成分が入っています。

普通の目薬をしてしまうと、
コンタクトレンズの種類によっては、
タンパク質などの汚れが余計に付着したりする場合があります。


酸素透過性のハードコンタクトであれば透過性の低下を
起こすことがあります。
ソフトコンタクトでも、その性質に悪影響があったりする可能性があります。

わたしもつい市販の普通の目薬をしてしまいたくなるときがありますが、
その目薬がコンタクトをしていても
使っていいかどうかを確認しています。
何も書かれていないか使用してはいけないと書かれている場合が多いです。


最近のコンタクトレンズは、酸素を透過するタイプが主流ですが、
コンタクトをしていないときと比べると
目に負担がかかるのは間違いないです。
目の乾きや不快感を解消するためにコンタクトレンズ用目薬があります。

コンタクトレンズというのは、目薬.jpg
眼球と涙の膜の間に装着して使用するものです。

角膜とコンタクトレンズの間の距離がゼロに近いために、
眼鏡に比べると像のゆがみや大きさの変化が少ないので、
コンタクトレンズは視力矯正するのに広まっています。

コンタクトレンズと角膜の間の距離が極端に近いために
涙の役目が十分に機能しないです。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトの作り方は?


コンタクト作り方ですが、
わたしはコンタクト店(アイシティーなど)に行き、
カルテをもらってから、近くの眼科に案内されました。

そこで検査を受けてカルテを持ってまたコンタクト店に行き、
コンタクトを購入するという感じでした。

できれば近くの眼科、コンタクト店のほうがいいですね。眼科.jpg

今後定期健診などもあるため、遠くの眼科やコンタクト店だと不便です。

定期健診はたいてい3ヶ月に1度くらいですが、
コンタクトを作った最初のほうはもっと短い頻度で検診に行くと思います。

保険証とお金だけ持って、コンタクト店に行けば
案内してくれるので、安心していきましょう。


保険証と検査代2000円〜5000円程度持参しましょう。
レンズ代も用意するのであれば
あくまで目安でハードレンズ購入金額約20,000円。
ソフトコンタクトは約18,000円ですが使用期限は約1.5年くらいです。

1日使い捨てタイプは、一箱片眼30枚入りが2000円ほどで
1年間だと5万円ほどかかります。

1日使い捨てタイプののコンタクトレンズは、
安全面において、もっともすぐれていますが、
交換が多い分だけ費用もかかってしまいます。

すべての眼科医が、コンタクトレンズの処方をしているわけではないので、
コンタクトレンズの処方をしている眼科医のところにいきましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトのベースカーブとは?


コンタクトベースカーブがあっているかどうかは
とても大事です。目の付け心地が違ってきます。

目のカーブには個人差があります。

ベースカーブがきつすぎるとコンタクトが角膜に固着して
酸素不足になりやすくなります。

わたしはコンタクトのベースカーブがきつかったのかコンタクト.jpg
コンタクトがなかなか外れなくて何度もしていたら
目が真っ赤になってしまいました。

逆にゆるすぎるとコンタクトの動きが大きくなり、
ずれやすかったり異物感が強くなったりします目

ハードコンタクトレンズを使用する人にとっては、
ベースカーブの大きさは重要な数値データになります。
微妙な差であっても大きな影響があります。

コンタクトレンズのベースカーブは
一般的に単位はmmで表されます。
数値が大きいものほどカーブ度がゆるやかで、
小さいものほど、カーブ度がきつくなります。


視力に変化はなくてもベースカーブは変わることもあります。
定期検診を受けて、変化がないか調べましょう。


ソフトコンタクトレンズの場合、
柔らかい素材から作られているので、
多くの異なった目の表面のカーブにも
フィットするようになっています。

同じメーカーの製品でもレンズの種類が変われば、
自分の目に合うベースカーブや度数なども変わってきます。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトの処方箋の料金は?


コンタクト処方箋料金は千円から数千円で検査してもらえますが、
加入している保険の種類によって、負担料金は違ってきます。

検査の内容により料金のばらつきが
各診療所により差があるものと思います。
検査料金の大小で良い悪いの判断にはならないのではないでしょうか。

購入時の検査料は保険の種類により
負担料金の割合が違うのと新患、再診により料金の違います。


検査の内容は視力検査や
問診、眼前検査、涙の量のチェック、
コンタクトレンズの装用テストなどがあります。
これも、眼科などによって内容に差がありますので
料金が違ってきます。

処方箋には、視力やベースカーブや眼圧、
角膜や涙の量などの処方が書き込まれています。

コンタクトは医療器具ですので、
コンタクトを購入する前に眼科医の診察を受け、
処方箋を発行してもらうことになります。

不適切なコンタクトレンズの選択や使用は眼障害につながります。
眼科医の定期検査を受けましょう。
処方箋にきちんと有効期限が記載されています。

処方箋には有効期限があるので、
時間をおいて購入する際は気をつけましょう。


コンタクトレンズを装用することによるトラブルや
事故がその診療行為により起きない事が大事です。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトレンズで視力低下?!


コンタクトレンズ視力低下に陥ったということもあるようです。
コンタクトレンズはきちんと毎日洗浄して、消毒しなければなりません。

コンタクトレンズの使用方法も正しく行っていないと、目にダメージを与えます。
そして視力低下がおこってしまうことになります。


ほかにはコンタクトを付けていると目が乾くことがあります。
そのときはかなり目が疲れてしまって一時的かもしれませんが、
視力低下に陥ってる気がします。

度数の合わないコンタクトレンズを使用していると、
目が眼精疲労を起こしてしまい、目というカメラのレンズである角膜や水晶体、
毛様体の働きがどんどん狂ってきてしまいます。

コンタクトレンズは黒目(角膜上皮)に装着します。
角膜の細胞に必要な酸素は主に、外気から眼球表面を覆っている涙の層を通して運ばれます。
コンタクトレンズはこれを邪魔します。

酸素透過性レンズでも、透過量が十分とは言えません。
酸欠になりやすい角膜上皮がさらに酸欠となります。

コンタクトレンズの使用は年を取ると数が減少する角膜内皮の減少をさらに加速し、
角膜の老化を促進することになります。
コンタクトレンズ、特にハードコンタクトレンズの装着時間をしっかり守りましょう。

角膜内皮障害は、目の痛み、視力障害などの自覚症状を伴わず進行します。
障害がある限界を越えると視力低下、失明状態となります。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトには雑菌がたくさん!!


ソフトコンタクトレンズは素材に水分を含んでいるので、
レンズに付着した雑菌が繁殖しやすく、
感染症など目のトラブルの原因になることがあります。
雑菌から目を守るためは、コンタクトレンズの消毒が必要です。

コンタクトレンズを使用しているとコンタクト.jpg
雑菌・脂質・タンパク質・カルシウムなど
レンズには様々な汚れが着きます。

女性の場合、コンタクトレンズに化粧品が付くと、
レンズがくもったりしますし、
付着するとなかなか落ちなかったりします。
コンタクトレンズは、お化粧する前につけましょう。

コンタクトレンズの汚れや雑菌は、レンズケースにもあります。
レンズケースは、毎回水道の流水でしっかり汚れを落とし、
完全に乾燥させてカビや雑菌などが繁殖しないようにしましょう。

酸素透過性ハードコンタクトレンズなどのハードレンズは、
水分を含まない素材で作られていて、ソフトレンズのように
雑菌が繁殖することがあまりないため消毒をする必要がありません。

ただし、レンズケアをきちんとしていないと
トラブルの原因になることはどのコンタクトレンズでも同様です。


できたら複数のレンズケースで毎日交換するくらいでしたいですね。
古いケース破棄して新しいものと交換するように気を付けましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトの酸素透過率とは?!


最近の酸素透過性コンタクトレンズは、
一日中装用してもいいというレンズも多いですが、
できるだけコンタクトレンズを装用しない時間を作り、
目に酸素を送り込むようにしたほうがいいそうです。


目の角膜は呼吸しています。
なのでコンタクトレンズの酸素透過性は、大切な条件です。

コンタクトレンズの酸素透過性は酸素透過係数であらわします。
酸素透過係数の高いものほど、角膜に多くの酸素を供給する事ができます。 

酸素透過性の低いレンズを装用しつづけると、コンタクト.jpg
角膜に酸素が不足し、角膜内皮細胞が減少して
角膜が濁って視力低下や失明になります。
その結果、角膜移植が必要になる場合もあります。

コンタクトレンズが装着されると、
角膜は酸素の摂取ができなくなります。

角膜と、レンズの間の涙がまばたきをするたびに入れ替わり、
新しい涙が酸素を運び込みますが、
まばたきによる涙の交換率は、低くなるようです。


度入りのカラーコンタクトレンズは、
レンズに色をプリントしてあるので、酸素の透過性が低いものです。
目の負担も大きく、トラブルを招く場合があるようです。

オシャレの一部のように思われていますが、
コンタクトは医療器具ですので、
コンタクトを購入する前に眼科医の診察を受け、
処方箋を発行してもらいましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトのuvカットの効果は?


コンタクトUVカット効果ってどうなのでしょうか?

目を紫外線から防止する方法としては、
帽子を被る、サングラスをする、
UVカット効果のあるコンタクトレンズを使うことが考えられます。

紫外線晴れの影響が心配な方で
コンタクトレンズ使用されている方にはUVカットの
コンタクトレンズの装用がいいですね。

普通のメガネ眼鏡やコンタクトレンズでも、
一定の紫外線カットの効果があるようですが、
特にUVカットを特長としたコンタクトレンズも販売されています。

コンタクトレンズは、直接角膜の上にのせて覆っているのでコンタクト.jpg
UVカットの効果はサングラスより高いという考えもあります。

まぶしいのは光量ぴかぴか(新しい)が多い為で紫外線が少なくてもまぶしく感じます。
曇っていても曇り紫外線量は多い時期があります。
UVカット機能のコンタクトレンズを装用しても
サングラスのようにまぶしいのを押さえてくれることはありません。

UVカットコンタクトレンズやメガネが、
瞼裂斑の予防に役立つこともわかっています。


瞼裂斑は白目の一部にシミのような
黄色い濁りと盛り上がりが生じるものです。
悪化すると充血やドライアイの原因にもなります。

しかしコンタクトレンズに覆われている部分では、
瞼裂斑が発生しにくい傾向が見られたようです。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトに慣れるまでの期間は?


コンタクトレンズは、慣れるまで少し時間が必要です。
最初の日から長時間使用できません。
少しずつ慣らしていくことが大切です。
医師に指示された使用時間を正しく守りましょう。

ハードは毎日少しずつ装用時間を延ばしていきます。
急に装用時間を延長すると目に負担をかけることになります。


最初は長時間装用したくともハードレンズの場合、
異物感が強く涙たらーっ(汗)がこぼれたりして目が普通開けられません。
そのせいでソフトコンタクトに変えようかと思ったほどです。


最初の3日間は頑張って30分〜1時間くらいにしましょう。
慣れたら異物感はなくなります。

以降1日1時間ずつ延長し、1週間で5〜6時間あたり。
2週間くらいで終日装用できるようになります。


涙目がなくなってきたら毎日1時間ずつ延ばしていきましょう。
ソフトコンタクトの装用感と比較しないことです。

ハードコンタクトは厚みや硬さがあるため
まばたきのときに2o程度上下に動きます。
そのため装用感はソフトレンズより劣ります。

装用感に慣れずハードコンタクトを
あきらめた人もいるのではないでしょうか。

コンタクトレンズは、ドライアイの人には向きません。
コンタクトにしたいのであれば
ハードコンタクトの方が安全です。

ソフトコンタクトの場合、ドライアイで涙の量が
少ない人が装用すると、もっと乾燥してしまいます。
レンズが眼に張り付いたりしないとも限りません。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。