スポンサードリンク
   


ブルーライトで眼精疲労?!


ブルーライトが原因で眼精疲労を起こしているようです。
最近のPCやスマートフォン、タブレット端末やテレビなどのLEDディスプレイは、
ブルーライトをより多く発光します。
ブルーライトはほかの可視光線に比べて強いエネルギーを放ちます。

PCを買い替えるたび目が疲れるなあと感じていたのですが
ブルーライトをより多く発光していたのだと思います。

ブルーライトを見続けることで、眼精疲労の原因となることが
分かってきています。

ブルーライトで眼精疲労を起こすのを防ぐ方法があります。
例えばモニタ画面の明るさを落とすと、目の負担は格段に軽くなります。

ほかにもつややかなディスプレイは作業をするには不向きです。
反射防止フィルムを張り、目への負担を軽減させるといいでしょう。
画面を保護するというメリットもあります。

Windowsの場合、通常このシステム背景は白ですが「画面のプロパティ」で
コントラストを下げた色(グレーなど)に設定すると、
作業の際に目が疲れにくくなるそうです。
見た目は悪いですが・・・
今はグレーに変更して作業してますので、少し様子を見てみようと思います。

PCメガネを使用したりしています。
どうしてもパソコンを長時間使わなければならない
という人はブルーライト対策をしてみてはいかがでしょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトをつけると近くが見えにくい


コンタクト近くが見えにくいという事があります。
わたしは近乱視で近くが見えにくいサーチ(調べる)という事は
今までありませんでしたが、
コンタクトをしたらなんだが近くが見えにくいことになりました。

もちろんですが、定期検診のときにそのことを伝えました。
どうしても遠くを見えるようにすると近くが見えにくくなるよう
だったので、そのままにしています。

度数は目的に合わせて選ぶ必要があります。
近くを見る仕事が主なのに、
遠くの視力がよく出るようにコンタクトレンズを合わせると、
眼精疲労の原因になります。

遠くも近くも見づらいのであれば、
やはり度があっていないと思われます。

近視の方はどんなに度数が強くても必ず、
焦点が合う距離というのがあります。

メガネやコンタクトでその目の力でしっかり見える距離を
遠くへずらして遠くを見えるようにしています。
別に目の機能をアップさせているわけではありません。

そのため、遠くが見えるようになった状態というのは
それより近い距離が見えにくくなりますが、
目の筋力である程度の年齢まではそれをカバーしています。                                    

近くにピントを合わせる調節力は年齢とともに衰えますので、
すべての人が等しく老視になります。
近視は近くがよく見えるので、なかなか老視を自覚しにくいです。

眼科医とよく相談してご自分に最適な方法を見つけてください。

乱視用コンタクトレンズを使っている場合も、
コンタクトレンズの乱視の向きが目の乱視の向きと合わないと
かえって見えにくくなったり、
見え方が不安定になったりします。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンからブルーライト


パソコンからブルーライトを浴びているせいか
最近とても目が疲れやすいです。

パソコンでも最近のものはとくにブルーライトが多いように感じます。
以前のパソコンではそんなに疲れなかったのに
新しくパソコンを買い換えてからパソコンの画面はとても綺麗なのですが、
眼精疲労、肩こりはひどくなっています。

あまりにひどいのでもしや病気なのではと
眼科で調べてもらいましたが
視力は悪いものの、異常はありませんでした。

パソコンやケータイ、スマートフォンや
テレビなどの液晶モニターが普及していて、
そのバックライトには、従来のブラウン管と比べて青色光の比率が高い
ブルーライトの量が増加しているようです。

ブルーライトを浴びすぎると、目の疲れや痛み、
さらに肩こりや腰痛といった症状が出やすいともいわれています。


苛立ちや焦燥感、不眠症などの精神神経症状などを引き起こす
パソコン病やテクノストレスにつながると考えられるといわれています。

ブルーライトをカットするメガネ・レンズを販売する
メガネ店・レンズメーカーが増えているようです。

たとえばJINS PCはよく知られているのではないでしょうか。



JINS PCはブルーライトを約55%カットします。
サングラスほど濃くはないがカラーがついています。


度付き対応はしてないようですが、(H24.3月現在)
今後度付きが販売されるようです。

フレームは1種類だけですが、カラーバリエーションが豊富ですね。
価格もリーズナブルです。

JINS PCは度付きに対応していないので
販売されるまでの間、あまりに眼精疲労がひどいので、パソコンの画面に
ブルーライト対応ではないにしても
眼精疲労を軽減するフィルムを貼って少しでも対応しようと思っています。


少しでも目に負担をかけないように日ごろから取り組んでいきたいと思います。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトの充血の原因は?


コンタクト充血原因はなんなのでしょうか?

コンタクトをしているときは充血しやすいような気がします。
定期検診のときも充血していることを医師に言われて、
処方してくれた目薬を使用していた時期があります。

コンタクトレンズで目が充血するのは
血行不良・酸素不足から来る充血などがあります。
酸素が足りなくなると酸素を得ようと目が充血します。

炎症を起こせば、炎症と闘うために血液が
たくさん送られてきて充血は更にひどくなります。

角膜と結膜に生じた傷によるもので、細かな傷なので
コンタクトレンズを外して休むと充血もなくなります。


レンズのカーブが合っていないも原因の一つです。乱視.jpg
ハードレンズを処方する時、
度数だけではなく、カーブも合わせる必要があります。

コンタクトレンズの汚れや
コンタクトを長時間装用したことも原因として考えられます。
キズや汚れのついたコンタクトレンズによって、
角膜の表面に細かいキズができて目の充血が生じます。

充血を軽く見る人がいますが、ひどくなれば感染症や
さらにひどい場合は失明になりかねません。
はやめに眼科に行きましょう。

コンタクトレンズが原因で目が充血している場合は、
1〜2日でもいいのでコンタクトレンズの使用をやめて、目を休ませましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーライトで睡眠障害?!


ブルーライトは長時間浴びると体内時計を狂わせる性質もあり
睡眠障害になる危険性もあるといわれています。

ブルーライトとは、エネルギーの強い短波長の青色光のことです。
PCやスマホに使われているLEDディスプレイが発する光に多く含まれています。
従来のブラウン管より含有量が多いです。

体内時計の調整にもかかわりがあり、
夜間に多く浴びてしまうと脳内物質メラトニンの生産が
抑制されて睡眠障害になりやすくなったりするともいわれています。

睡眠障害にならないためにはパソコンやテレビは
就寝前は避けたほうが良いでしょう。

ブルーライトは非常に散乱しやすく疲れ目を引き起こしやすいといわれています。
そういえば昔のPCはそれほど目が疲れなかったのに
PCを買い換えるたびに疲れ目がひどくなっているような気がしていましたが、
LEDディスプレイになったからだけではなく
ブルーライトが強くなっているのかもしれません。

液晶フィルターをPCの画面に貼っても効果がなかったのは
ブルーライトのせいかもしれません。

網膜への負担も大きいため、
長期間浴び続けると眼病を誘発する可能性も指摘されています。


ブルーライトをカットするパソコン用メガネも売れているようなので
気になる方は保護メガネを装着してみましょう。
眼のストレスは軽減されることでしょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲れ目と乱視の関係は?


乱視は常にどこか焦点があっていない状態なので
疲れ目と頭痛で悩んでいる方が結構いらっしゃいます。
実際わたしは疲れ目と頭痛が頻繁にある気がします。


日常生活に支障が出るほどに、ゆがみを感じる場合には、
眼鏡などで矯正する必要があります。

乱視の種類はさまざまです。
原因も一つではないため対処法も一つではありません。

疲れやすくなったと思ったら実は弱い乱視が原因だったり、
疲れ目やまぶしさを感じていた人が
乱視矯正で症状が解消されたということもあるようです。

頭痛や肩こり、吐き気に悩まされ、症状が緩和しなかった人が、
乱視矯正で症状がおさまったという人もいるようです。

原因不明の疲れ目と頭痛がある方は一度目を測ってみましょう。
乱視が原因かも知れません。
乱視は近視などと同じく単なる屈折異常の一つです。


近視がはじまったころ無理に見ようとして
無意識に目を細めて見ていたような気がします。

しかし目を細めることで角膜や水晶体に大きな力がかかることになります。
この力で角膜や水晶体がゆがみ、乱視になる恐れがあります。

見えないからと目を細めている人は特に注意が必要です。

もし見えにくいと思ったら、
眼鏡やコンタクトレンズで矯正して、
よく見えるようにしたほうがいいでしょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトで片頭痛になる?


コンタクト片頭痛がおこるときがあります。
度数があっていなければ、まずそれが原因でしょう。

基本的な近視以外に乱視がどのくらいあるかもかかわってきます。
ソフトや使い捨てのコンタクトでは
乱視矯正はあまり上手くいきません。
そのため片頭痛がおこるときもあります。

ほかには頭痛の原因として過矯正にあります。
度の強いコンタクトやメガネがよいというわけではないのです。

1メートル先くらいが意識しなくても
ピントを合わせられる状態のときが、
一番楽な状態といわれています。

度のあっていないメガネやコンタクトを使用していますと、
肩こりがひどくなったり、片頭痛がおこったりします。


なのでメガネやコンタクトの度を変えましょう。

そうすると長時間メガネやコンタクトを使用していても、
片頭痛が起こることはないと思います。

視線のずれが大きいとかなり大きな力を使わないといけません。
ピントあわせする力が低い、
ピント合わせに伴う寄り目をする割合の低下などもあります。
メガネでは矯正は比較的容易にできますが、コンタクトではほとんど望めません。

いずれにしても自分の推測だけではいけませんので、
一度眼科でメガネではなかったのに、
コンタクトをしていると頭痛が起こりやすい等といって
詳しく検査して欲しいことを伝えましょう。、
詳しく調べてもらうとはっきりした事がわかると思います。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトで目がかゆいときは?


コンタクト目がかゆいことはありませんか。
コンタクトレンズを外した後にかゆみを感じる場合、
原因としてはドライアイが考えられます。

ハウスダストであるダニやカビ、動物の毛やフケ、花粉などの
アレルギーで目がかゆくなる場合があります。

花粉症の症状は、充血、目のかゆみ、
目やになどの症状が毎年決まった季節に
症状が現れます。
花粉時期のコンタクト装用はレンズにとっても
汚れやすく悪影響を及ぼします。

そのときはできるだけ目に負担をかけないように
眼鏡眼鏡と併用したり、長時間コンタクトを使用しないように
すればいいと思います。

まぶたの裏側に白いぶつぶつがたくさんある場合、
巨大乳頭結膜炎の疑いがあります。

コンタクトレンズのケア不足のため、
タンパク質などの汚れが付着したまま
除去されていない状態で装用したからです。


定期検診でかゆみや目やには
どうかとよくきかれることですが、
これは病気としてよくあらわれる症状なのかもしれません。

目がかゆいといって
ゴシゴシ強くこすると、レンズがズレたり外れたりするうえ
角膜にキズがついてしまったりします。
炎症や感染症の原因にもなることもあり
とても危険です。

コンタクトレンズの長時間・長期間の使用は
角膜や結膜に負担がかかり、目のかゆみの原因となります。

コンタクト 目が曇る
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトで失明?!


コンタクト失明することもあります。
コンタクトレンズを正しく使用していれば失明する事はありませんが、
正しい使用方法をしなかった場合、失明することもありますがく〜(落胆した顔)


これはついしてしまう人が多いかもしれませんが、
保存液がないからといって水で代用したりしてはいけません。

ハードコンタクトは水分を含まないので水洗いをしても大丈夫ですが、
ソフトレンズは絶対にいけません。
ソフトは多く水分を含んでいるので、
菌が入りこめばすぐに繁殖し、致命的な疾患になってしまいます。

カラーコンタクトレンズは通常のハードコンタクトレンズや
ソフトコンタクトレンズに比べて失明などの
可能性が高いといわれています。

コンタクトをつけていて目に異物感を感じたり、
充血したり、まぶしく感じたり、物が見えにくいなど
視力の低下を感じたりしたとしてもそれはよくあることなのかもしれません。
しかし見え方の変化、痛みや異物感など、眼の異常を放置しないことです。

眼の異常を感じてもコンタクトレンズを使用し続けることは
とても危険なことなのです。

コンタクトレンズを使用していて異常を感じるようであれば、
すぐにコンタクトレンズの使用をやめましょう。


コンタクトレンズが原因なのか、
眼そのものが原因なのかきっちりと調べてもらいましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンタクトで目が曇る


コンタクト目が曇ることはありませんか?
コンタクト曇りは涙液に含まれるタンパク質が
コンタクトに付着して白く曇った感じになります。
レンズを長期間使うと、どうしてもなることがあるようです。

ソフトコンタクト専用、ハードコンタクト用のコンタクト.jpg
タンパク取りを使うといいのではないかと思います。

症状が改善されないのであれば
眼科へいって相談したほうがいいと思います。

コンタクトレンズというのは眼にはめるので、タンパク質が付着します。
定期的に洗浄したりしなければなりません。

コンタクトレンズに傷がついていたらそこに汚れが
たまってしまいます。

他にも長い間使っているとレンズが変形したり、
そのせいで目のカーブにあってないこともあります。
眼を傷つけたりもします。

自覚症状はない人も結構いると思います。
ハードコンタクトレンズの場合は
カーブがあっていないことで
表面が乾燥して曇ることがあるようです。

目の状態は、使用しているコンタクトレンズによって
変化することもあるようです。

目の病気は時に自覚症状が出てからでは
取り返しのつかないこともあります。

手入れが必要なコンタクトレンズを使用している人は、
数年間検診も受けずに使用して寿命が来たときにはじめて検査するのではなく、
定期的に検診を受けておくことが大切です。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。