スポンサードリンク
   


ブルーライトで眼精疲労?!


ブルーライトが原因で眼精疲労を起こしているようです。
最近のPCやスマートフォン、タブレット端末やテレビなどのLEDディスプレイは、
ブルーライトをより多く発光します。
ブルーライトはほかの可視光線に比べて強いエネルギーを放ちます。

PCを買い替えるたび目が疲れるなあと感じていたのですが
ブルーライトをより多く発光していたのだと思います。

ブルーライトを見続けることで、眼精疲労の原因となることが
分かってきています。

ブルーライトで眼精疲労を起こすのを防ぐ方法があります。
例えばモニタ画面の明るさを落とすと、目の負担は格段に軽くなります。

ほかにもつややかなディスプレイは作業をするには不向きです。
反射防止フィルムを張り、目への負担を軽減させるといいでしょう。
画面を保護するというメリットもあります。

Windowsの場合、通常このシステム背景は白ですが「画面のプロパティ」で
コントラストを下げた色(グレーなど)に設定すると、
作業の際に目が疲れにくくなるそうです。
見た目は悪いですが・・・
今はグレーに変更して作業してますので、少し様子を見てみようと思います。

PCメガネを使用したりしています。
どうしてもパソコンを長時間使わなければならない
という人はブルーライト対策をしてみてはいかがでしょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。