スポンサードリンク
   


ブルーライトで睡眠障害?!


ブルーライトは長時間浴びると体内時計を狂わせる性質もあり
睡眠障害になる危険性もあるといわれています。

ブルーライトとは、エネルギーの強い短波長の青色光のことです。
PCやスマホに使われているLEDディスプレイが発する光に多く含まれています。
従来のブラウン管より含有量が多いです。

体内時計の調整にもかかわりがあり、
夜間に多く浴びてしまうと脳内物質メラトニンの生産が
抑制されて睡眠障害になりやすくなったりするともいわれています。

睡眠障害にならないためにはパソコンやテレビは
就寝前は避けたほうが良いでしょう。

ブルーライトは非常に散乱しやすく疲れ目を引き起こしやすいといわれています。
そういえば昔のPCはそれほど目が疲れなかったのに
PCを買い換えるたびに疲れ目がひどくなっているような気がしていましたが、
LEDディスプレイになったからだけではなく
ブルーライトが強くなっているのかもしれません。

液晶フィルターをPCの画面に貼っても効果がなかったのは
ブルーライトのせいかもしれません。

網膜への負担も大きいため、
長期間浴び続けると眼病を誘発する可能性も指摘されています。


ブルーライトをカットするパソコン用メガネも売れているようなので
気になる方は保護メガネを装着してみましょう。
眼のストレスは軽減されることでしょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。