スポンサードリンク
   


視力回復するには遠くを見ること?!


視力回復には遠くを見ることだといわれたことがあります。

都会のほうだと遠くの景色を眺めるのも難しいかもしれませんが、
目を酷使したら、1時間に1回は遠くの景色を眺めましょう。

遠くを見ることは簡単な視力回復の方法ですが、
即効性がないことがデメリットです。

ボーッと眺める見方の場合、
目の筋肉をリラックスさせる効果があります。
やり方は簡単なので、時間のあるときなどにやってみましょう。

いつ、どれだけ、という明確な決まりはありません。
わたしは気分転換にもなり気持ちも落ち着いてきます。

視力回復にはまず外に出てできる限り遠くを見つめます。
遠くをしばらく見つめたら、しばらく近くに視点を戻します。
そしてまた遠くを見つめます。
これを少しずつでも続けることが大切です。

パソコンの画面など近くを見ていると、視野が狭くなりがちです。
なので遠くを見るときは、視野を広くとるようにしましょう。
目を徐々に横に移動させながら、広く眺めましょう。

ほかには遠くの一点から別の一点へと、視点を移す方法もあります。
視点移動すると、外眼筋の運動にもなります。

視野を広く取ったり、絞ったりを使い分けます。
遠くの一点を凝視するだけでは、全体の状況がつかめないからです。

度数の弱いメガネをもっているなら、
その弱いメガネをかけて遠くを見たほうが良いようです。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。