スポンサードリンク
   


コンタクトの酸素透過率とは?!


最近の酸素透過性コンタクトレンズは、
一日中装用してもいいというレンズも多いですが、
できるだけコンタクトレンズを装用しない時間を作り、
目に酸素を送り込むようにしたほうがいいそうです。


目の角膜は呼吸しています。
なのでコンタクトレンズの酸素透過性は、大切な条件です。

コンタクトレンズの酸素透過性は酸素透過係数であらわします。
酸素透過係数の高いものほど、角膜に多くの酸素を供給する事ができます。 

酸素透過性の低いレンズを装用しつづけると、コンタクト.jpg
角膜に酸素が不足し、角膜内皮細胞が減少して
角膜が濁って視力低下や失明になります。
その結果、角膜移植が必要になる場合もあります。

コンタクトレンズが装着されると、
角膜は酸素の摂取ができなくなります。

角膜と、レンズの間の涙がまばたきをするたびに入れ替わり、
新しい涙が酸素を運び込みますが、
まばたきによる涙の交換率は、低くなるようです。


度入りのカラーコンタクトレンズは、
レンズに色をプリントしてあるので、酸素の透過性が低いものです。
目の負担も大きく、トラブルを招く場合があるようです。

オシャレの一部のように思われていますが、
コンタクトは医療器具ですので、
コンタクトを購入する前に眼科医の診察を受け、
処方箋を発行してもらいましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。