スポンサードリンク
   


コンタクトをつけると近くが見えにくい


コンタクト近くが見えにくいという事があります。
わたしは近乱視で近くが見えにくいサーチ(調べる)という事は
今までありませんでしたが、
コンタクトをしたらなんだが近くが見えにくいことになりました。

もちろんですが、定期検診のときにそのことを伝えました。
どうしても遠くを見えるようにすると近くが見えにくくなるよう
だったので、そのままにしています。

度数は目的に合わせて選ぶ必要があります。
近くを見る仕事が主なのに、
遠くの視力がよく出るようにコンタクトレンズを合わせると、
眼精疲労の原因になります。

遠くも近くも見づらいのであれば、
やはり度があっていないと思われます。

近視の方はどんなに度数が強くても必ず、
焦点が合う距離というのがあります。

メガネやコンタクトでその目の力でしっかり見える距離を
遠くへずらして遠くを見えるようにしています。
別に目の機能をアップさせているわけではありません。

そのため、遠くが見えるようになった状態というのは
それより近い距離が見えにくくなりますが、
目の筋力である程度の年齢まではそれをカバーしています。                                    

近くにピントを合わせる調節力は年齢とともに衰えますので、
すべての人が等しく老視になります。
近視は近くがよく見えるので、なかなか老視を自覚しにくいです。

眼科医とよく相談してご自分に最適な方法を見つけてください。

乱視用コンタクトレンズを使っている場合も、
コンタクトレンズの乱視の向きが目の乱視の向きと合わないと
かえって見えにくくなったり、
見え方が不安定になったりします。
posted by 視力矯正にコンタクト at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。