スポンサードリンク
   


コンタクトのベースカーブとは?


コンタクトベースカーブがあっているかどうかは
とても大事です。目の付け心地が違ってきます。

目のカーブには個人差があります。

ベースカーブがきつすぎるとコンタクトが角膜に固着して
酸素不足になりやすくなります。

わたしはコンタクトのベースカーブがきつかったのかコンタクト.jpg
コンタクトがなかなか外れなくて何度もしていたら
目が真っ赤になってしまいました。

逆にゆるすぎるとコンタクトの動きが大きくなり、
ずれやすかったり異物感が強くなったりします目

ハードコンタクトレンズを使用する人にとっては、
ベースカーブの大きさは重要な数値データになります。
微妙な差であっても大きな影響があります。

コンタクトレンズのベースカーブは
一般的に単位はmmで表されます。
数値が大きいものほどカーブ度がゆるやかで、
小さいものほど、カーブ度がきつくなります。


視力に変化はなくてもベースカーブは変わることもあります。
定期検診を受けて、変化がないか調べましょう。


ソフトコンタクトレンズの場合、
柔らかい素材から作られているので、
多くの異なった目の表面のカーブにも
フィットするようになっています。

同じメーカーの製品でもレンズの種類が変われば、
自分の目に合うベースカーブや度数なども変わってきます。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。