スポンサードリンク
   


コンタクトに慣れるまでの期間は?


コンタクトレンズは、慣れるまで少し時間が必要です。
最初の日から長時間使用できません。
少しずつ慣らしていくことが大切です。
医師に指示された使用時間を正しく守りましょう。

ハードは毎日少しずつ装用時間を延ばしていきます。
急に装用時間を延長すると目に負担をかけることになります。


最初は長時間装用したくともハードレンズの場合、
異物感が強く涙たらーっ(汗)がこぼれたりして目が普通開けられません。
そのせいでソフトコンタクトに変えようかと思ったほどです。


最初の3日間は頑張って30分〜1時間くらいにしましょう。
慣れたら異物感はなくなります。

以降1日1時間ずつ延長し、1週間で5〜6時間あたり。
2週間くらいで終日装用できるようになります。


涙目がなくなってきたら毎日1時間ずつ延ばしていきましょう。
ソフトコンタクトの装用感と比較しないことです。

ハードコンタクトは厚みや硬さがあるため
まばたきのときに2o程度上下に動きます。
そのため装用感はソフトレンズより劣ります。

装用感に慣れずハードコンタクトを
あきらめた人もいるのではないでしょうか。

コンタクトレンズは、ドライアイの人には向きません。
コンタクトにしたいのであれば
ハードコンタクトの方が安全です。

ソフトコンタクトの場合、ドライアイで涙の量が
少ない人が装用すると、もっと乾燥してしまいます。
レンズが眼に張り付いたりしないとも限りません。
posted by 視力矯正にコンタクト at | コンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。