スポンサードリンク
   


ハードコンタクトを紛失しないようにするには?


ハードコンタクト紛失して探している人を見かけたことはありませんか。
ハードコンタクト紛失する場合はレンズをはずすとき
レンズが飛んでしまうときがあります。

そのためレンズが飛んでも見つけやすい場所で
着けたり外したりするほうがいいでしょう。
飛びやすい時は目が乾燥している場合です。
まばたきを何度か行ったりして目を潤してから外しましょう。

化粧品やハンドクリームなど使用したままの手でコンタクトを
触ってはいけません。しっかりと手を洗浄してレンズの装着を行いましょう。

そしてハードコンタクトには使用期限があります。
個人差はありますが、およそ1〜2年でしょう。
傷がついたコンタクトレンズを使い続けると
目の不調にもつながります。

ほかにもハードコンタクトを紛失しやすいのは
レンズを洗浄するときです。
レンズを洗浄するとき、水で流すので、
なくさないように必ず洗面所の栓をしてから
洗浄しましょう。

ほかにもレンズをケースに保存するときに
きちんと挟まってないときがありますので、
しっかり確認するようにしましょう。

お店によってはハードコンタクトを紛失してしまった場合、
保証があって期間内なら割引があって購入できるところもあります。

保証対象外の場合もありますので、
レンズを購入した時は保証期間、内容はしっかりと確認しておきましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | ハードコンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードコンタクトでuvカットしよう!


紫外線はシミなどの肌の色素沈着の原因だけではなく、
白内障などの眼病を引き起こす原因にもなります。


白内障の原因で最も多い原因は加齢によるものですが、
長年にわたり紫外線を浴び続けると白内障になってしまうこともあります。

紫外線の量は3月から上昇し始め5月がピークといわれています。
曇りの日や雨の日でも紫外線はあります。
紫外線対策は365日必要といえます。


最近では洋服や化粧品などにもuvカットが施されたものがありますが、
コンタクトレンズにもuvカットのものがあります。

紫外線の目の影響を防止するには
UVカットのコンタクトを使うこともそうなのですが、
帽子をかぶったり、サングラスを併用することも有効です。

uvカットのコンタクトレンズの種類は
ソフトコンタクトでもハードコンタクトでもあります。

ハードコンタクトは角膜への負担が軽く、長く装用するときに向いています。
レンズ素材が酸素を通すこともメリットだと言えます。

ただかたくて小さいため、
ゴロゴロするため最初は慣れるために時間が必要です。

外れやすいためハードコンタクトは激しいスポーツには
注意が必要だと言えます。

UVコンタクトレンズを使用して眼病対策をしてみましょう。
posted by 視力矯正にコンタクト at | ハードコンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


芸能人余興
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。